2018/11/24 09:10

「産直市場」では、循環型農法

「食べることは命であり、命をつなぐために食べている」

野菜の美味しさを伝える人がいなくなっている中で、

それを誰かが伝えなくてはいけない!!

私たちは、それを伝える伝道師として、

「生産者の顔の見える」食材を伝えていきます。


ショップモール制作にあたり、産直市場の考え方と方向性

「生産者の顔の見える」ショップモールの構築を通して!


・ただ、売った、買っただけの取組ではなく、生産者の商品に対する想い、熱意、情熱を販売に取り入れていかなくてはいけません。

・作るこだわり商品への想い、土壌づくりへの熱意、目的、農・水業に対する考え方、環境を考えた産業。

 土地に対する想い、地域に対する想い、将来に対する農業の考え方、人柄、何を目的にしているのか?

 未来に対する、夢と希望、その意味を把握することで、おのずと掲載することの意味が違ってきます。

 私たちは、それらのことを理解してショップモール、カタログ販売を構築していかなければなりません。

 それでなければ、従来の販売だけのショップモール・カタログと何ら変わることはありません。

 本気で食べていただけるお客様のことを考えた、安心・安全・おいしい食材に対する考え方を見いだせること

 はできません。

 食育に対する想いから、食べていただける子供から大人、そして、健康を守るお客様に本当の意味での

 流通改革とは言えません。