2019/01/05 07:53

(1) 作る人・獲る人が、納得できる商品をその子供やお孫さんにも安心して
   食べさせられる食品を提供するため、具体的にしていくことを目指して

   いきます。


(2) 「農産物」、「畜産物」、「海産物」、「加工食品」、「飲料水(酒)」の、五つ
     に分けてその基本方針と具現化を現します。


(3) 具現化については、お客様の声、生産者の声を反映させ少なくとも一年に
   一回は内容を見直し、より良い状態へ成長・発展させていきます。