2019/05/25 10:04

産直市場では、旬の野菜、果物、お米、たまご、農・水産物、加工品等など全88項目で1600種類の品を取り扱っております。その中で、最もメーンとなる旬の野菜は、年間、根野菜42品目、実野菜19品目、葉野菜68品目を現在扱っております。

農産物の栽培基準について
産直市場が取り扱う農産物の多くは、全国各地域の「生産者の会」会員として登録された生産者から直接仕入れ及び契約栽培
です。栽培方法や生産地だけではなく、具体的な生産圃場や生産者名を把握して「生産者の顔の見える」商品としております。産直市場で取り扱うすべての農産物に明記されております。

表示ガイドライン略称内容説明
有機栽培農産物
有機JAS
化学農薬や化学肥料を使用しないことを基本として、2年以上(果樹は3年以上)の期間を経て栽培された農産物。有機登録認定機関の承認されたもの。







化学農薬不使用
化学肥料不使用
栽培農産物
無/無化学農薬や化学肥料を使用せずに栽培された農産物。
(化学農薬0%:化学肥料0%)
化学農薬不使用
化学肥料節減
栽培農産物

無/減
化学農薬や化学肥料を使用せずに栽培された農産物。
(化学農薬0%:化学肥料50%以下)
化学農薬節減
化学肥料不使用
栽培農産物
減/無化学農薬の使用を通常栽培される方法の5割以下に抑え、化学肥料を使用せずに栽培された農産物。
(化学農薬50%以下:化学肥料0%)
化学農薬節減
化学肥料節減
栽培農産物
減/無化学農薬や化学肥料の使用を通常栽培される方法の5割以下に抑えて栽培される農産物
(化学農薬50%以下:化学肥料50%以下)
化学農薬不使用
水耕溶液
栽培農産物
無/水耕
化学農薬を使用せず、水耕溶液による方法で栽培される農産物。
(化学農薬0%:水耕栽培)
化学農薬減
水耕溶液
栽培農産物
減/水耕化学農薬の使用を通常栽培される方法の5割以下におさえ、水耕溶液による方法で栽培された農産物。
(化学農薬50%:水耕栽培)